高血圧の合併症

高血圧の合併症としては、脳血管障害、心臓疾患、腎臓疾患、血管疾患があげられます。 高血圧が持続すると強い圧力の血流が血管内皮を障害してしまい、動脈硬化の原因となります。この動脈硬化により、合併症が引き起こされてしまいます。

高血圧の合併症(詳細)

脳血管障害では脳出血と脳梗塞が高血圧と深く関連しています。脳卒中は片麻痺、失語症、認知症など寝たきりの原因となりやすい後遺症を残すために、高血圧の予防はきわめて重要となっています。

心臓疾患では高血圧が虚血性心疾患の重大な危険因子である事が知られています。高血圧が持続すると心臓の仕事量が増えて心筋が肥大し、肥大した心筋はさらに高血圧の負荷によって拡張し、最終的には心不全へと陥ってしまいます。また肥大した心筋は虚血に陥りやすく、不整脈、虚血性心疾患の大きな要因となります。

高血圧イメージ

腎臓疾患では腎臓そのものが高血圧によって傷害を受け、腎不全をも引き起こしてしまいます。腎臓の糸球体は細動脈の束になったものですが、糸球体高血圧がさらに血圧を上昇させてしまいます。腎不全は人工透析を受けなければならず、社会的、経済的負担も大きく、その意味でも高血圧の予防は重要となっています。

血管疾患では動脈硬化による動脈瘤や閉塞性動脈硬化症が引き起こされます。動脈硬化と高血圧の関連性は高いですから、やはりここでも高血圧の予防が重要になってきます。

その他にも高血圧は高血圧性網膜症や、網膜動脈・網膜静脈の閉塞症、視神経症など眼障害、高血圧緊急症、食後低血圧、高尿酸血症などの要因となります。


Copyright 高血圧食事のすべてがわかる All rights reserved.

privacy